WIN_20160215_14_01_05_Pro私の教室の目的の一つは 通ってきてくださる方々の夢をかなえるお手伝いをすること。

身体の不調を改善することで あきらめていた大好きなことをずっと続けていけるように

そして いつか実現したいと思い描いている夢をかなえることができるように。

 

ですから 講座のはじめに 身体の不調が改善した時に  「一番したい事」「何歳の体

内年齢に設定するか」をうかがっています。

WIN_20160215_14_45_03_Pro

木下さんは 能面彫り(その世界では面打ちというそうで

す)を50歳ではじめられ 現在78歳です。

これまで 20面を打ち ねんりんピック2012 宮城・仙台大会に美術展山梨県代

表作品として出品するほどの腕前です。

WIN_20160215_16_26_11_Pro

面打ちは あぐらをかいて行われます。

いったん始めると 6時間以上座りっぱ

なしで彫り続けます。

一つの作品を仕上げるのに 最も短い

ものでも8か月ほどかかります。中には2年近くかかることもあるそうです。

 

WIN_20160215_14_44_10_Pro WIN_20160215_16_22_16_Pro

 

 

 

 

 

 

木下さんとの出会いは 甲府市教育委員会スポーツ課の企画の健康講座でセルフミオンパシー(セルフ整体)をお

伝えした時のことでした。

体中がロックだらけの状態でバリバリ あおむけになって膝を立て 片方の足を反対の足の膝に乗せるのもままな

らないような状態でした。 4回の講座でどうにかなるようなものではありませんでした。

そんな状態ですので あぐらをかくことはもちろんできません。 面打ちのお稽古もあきらめていました。

時を同じくして 体調を崩される方々がいて 教室も閉鎖されてしまったそうです。

 

WIN_20160215_15_05_21_Proその後 私の教室に通い始め とても丁寧に ご自分の体と向き合っていらっしゃい

ます。

早く良くなりたいという気持ちから 時にはがんばってしまうこともありました。

ゆるめているのに まったく違う場所がつれてしまい

「いつも言われていたのにだめですねぇ」

「だめではないですよ。日本の高度経済成長を支えてくださって来たんですから。

でも ミオンパシーでは 唯一絶対にしてはいけないことです」

頑張ってはいけないことや筋肉が連動していることを 身をもって学ばれました。

WIN_20160215_15_10_35_Pro

 

今は身体の声に耳を傾けながら ゆっくりゆっくり あせらずに

ご自分の身体との対話を味わっていらっしゃいます。

 

 

2月22日から26日まで 甲府市の総合市民会館で 甲府市高齢者作品展があり 木下さんも出品します。作品展で

は 一点しか出品できませんが 私たちは一足先に 作品を拝見。 4点も持ってきてくださり しかも 手に

取って拝見することができました。木下さんの詳しい解説付きで 時間を忘れて楽しませていただきました。

能面倉林会の会員である木下さん 倉林朗師匠のもとへお稽古再開 東京まで通うことが現在の夢です。

先日のセルフミオンパシー教室では 木下さんのもう一つの夢 「個展を開く」こと 必ず実現しましょう!!と

私たちもそれぞれの胸が熱くなるひと時をいただきました。

WIN_20160215_14_12_01_Pro WIN_20160215_14_06_49_Pro

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA